信用   

どの会社の企業理念にも「お客様からの信用第一」という意味合いのものはあると思う。
でも、最近ニュースで流れるのは
ブロイラーを地鶏、養殖うなぎを天然、賞味期限切れを再加工して販売・・・。
いろんな企業が「信用」を軽視してわが身の利益を守る。に流れているように見える。
なぜだろう?
個人個人は悪人でも詐欺師でもないはず。なりたくもないはず。
なのに?
会社・企業の業績は社員にっとて大きな任務・責任・義務なのか?
裏を返せば、
自分個人は善人でも、会社員としては悪人として働かなければ組織の中で生きていけない?

今、私はお客様の一生の大きな財産「家づくり」を手伝う仕事を誇りに思い生きている。

でも、私がお客様から「信用」をいただき、家づくりがスタートしても打合せや現場でその信用を失うことがあったとすれば、それは私の責任でもある。

私が信じたチームのメンバーがその信用に値しない力量だったり人格?と思われるのはつらい。一番は私の仕事力がなかったことだと思う。

会社での責任は代表者が頭を下げて「改善します」で納まるかもしれないが、
独立独歩の建築プロデューサーは、関わっている現場の皆さんに改心、改善をお願いしてお客様の信用を回復させるしかない。

夕方のニュースを見ながら、自分の現場での信用について考えた・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2007-11-12 20:26 | 家づくり | Comments(0)

<< まねができない仕事 美術館めぐり >>