プロ意識   

私が家を建てた13年前に本当に必要と思った家創りパートナー。

土地探しから、設計、施工までトータルして誘導してくださる誠実なアドバイザー。
適設適地でその土地にあったベストな設計をしてくださる設計者。
現場で設計図を忠実に現実のカタチにしてくださる信頼のおける工務店。
色や素材や照明、カーテンまで、インテリア全般のことを設計図や現場で分かりやすく説明してくれて、アドバイスとセレクトを手伝ってくれる方。

何も分からない素人の私には家創りは楽しいはずが、とても不安なものと変化していきました。上記の人たちとのめぐり合いがなかったからです。

その思いをこれから家を創る方にさせたくない!と、今の仕事を始めました。
そして、常にこの想いを熱く語っていたおかげで、多くの方と一緒に仕事をできるようになりました。プロ意識の高い人達です。

そのひとり、下村恵美さん。
f0031420_151578.jpg
それぞれ仕事の内容は違いますが、語り出したら止まらない家創りへの情熱を感じます。
仕事はインテリアコーディネートです。

この仕事は奥が深いです。実力の差も現場に反映されます。
日々センス磨きと現場を知るということでしょうか!

私が建築プロデュースを始めた動機の中にはプロ意識の高いセンスと動きが敏速なインテリアコーディネーターと仕事をしたいという思いがありました。
それが現実になり「願いは叶う」の心境です。

お客様が分かりやすく家創りを進めることができるように、独自のツールで提案していかれます。
f0031420_15124266.jpg
f0031420_15132025.jpg

家創りの主人公であるご家族が楽しく不安なく満足できるように、設計士、施工者とコミュニケーションをとり、仕事を進める。フリーでの仕事ととしては大変ですが、力量のある彼女は常に前向きに仕事に取り組んでくれるはず。
安心して任せられる同志のひとりです。
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-21 15:19 | 家づくり | Comments(0)

<< 10年後の自分 夏の疲れ >>