原点回帰   

家創りに関わる仕事を始めて、16年目。
職場は何ヵ所か変わりました。
ハウスメーカー、住宅コンサル会社、住宅性能評価機関、企画会社、そして今。
「お客さまが喜ぶ家創り」が私のテーマでしたが、会社によっては業務内容が違いました。
展示場の主任、企画営業部社員、営業推進課長、営業部長、そして、今、独立独歩の建築プロデューサー。
今の仕事が一番やりたかったことです。
前職までは、たびたび「これでいいの?」と自問自答することも。

そんな時は「原点回帰」
最初に家創りに関わる仕事をしよう!と決めた頃に帰って考えてみる。

これを続けてきたことで、私がやりたかった仕事が今できています。

「売る家」ではなく、「一緒に創り上げる家創り」
「押し付け」ではなく、「一緒に悩み考え」てベストプランができる家創り

そして、この原点回帰の道のりで良かったんだ!と確認できた嬉しいことが今日ありました。

上棟式で頂いた、施主の言葉です。

「家創りのスタッフの皆様に出逢えたことのすばらしさが大きな財産です。
皆様に愛を注いで創ってもらった家での暮らしが楽しみです」

短い文章の中にとても大きな喜びと感謝が伝わる内容でした。

本当に幸せな気持ちでいっぱいになりました。

これからも、「原点回帰」は大切です。
[PR]

by k2kikiya | 2007-08-24 20:18 | ひと | Comments(0)

<< 半世紀が経って。 熱い想いは・・・ >>