美は執念   

来月ジャスト00歳になる。
少しは自分を労り、可愛がり、美しさを意識しなくては・・・。

と考え、美容室へ。
若白髪が多くなり日頃から繊細な神経が髪に出たかな???と思い気にはしていた。
さて、どのように染めようか?
いつかは映画「卒業」のミセスロビンソンのように黒髪にシルバーのメッシュを入れた髪も大人の雰囲気でいいな~と憧れていた。
決して「101匹ワンちゃん」のクルエラではない。

私の髪は性格と反対でなかなか色が染まらず頑固。
美容師さんもちゃんとそれをご存知で、今の状態ではきれいな白髪にならないので全体を染めるようアドバイス。少し落ちつたブラウン系で。

ところが、またまた性格が地味な私は
「夏だし、パ~と明るくしてください。ひまわりのように!」とお願いしてしまった。

そして、現在の私
「宝塚、中年組」と呼べるほどの髪の色になりました。でも、気に入ってます。

お化粧好き、お洒落好きな親友がいつも言ってる言葉。
「美は執念」
これからは執念で美しさを意識しなくては。
但し、一番大切なのは心の美ですね。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-15 09:41 | ひと | Comments(2)

Commented by しゅんけい at 2007-07-16 07:27 x
自己反省も足りず、気持ちが落ちこんで、ブルーなのですが。
ぱ~っと久美ちゃんの00歳のお誕生会をしましょう。
大人の書を楽しむ会はメンバーどうなっていますか?
Commented by k2kikiya at 2007-07-16 10:51
「反省はサルでも出来る。」と年上のお兄様にいつも言われていました。自制心のバロメーターがちょっと緩んでいるのかも。「おとなの楽しみ会」の件は連絡します。

<< もしも 森林探検隊 >>