安定職   

私は建築プロデュースという肩書きで仕事をする前に、とても安定した企業の世話になっておりました。

中年女性が頂くお給料としては高額で、九州では大企業といわれる会社の新規事業の立ち上げメンバーとしての入社です。(中途採用で本当にラッキー!なはず)

なのに・なのに・・・。

福岡へ転勤というときに退社しました。

理由は
子供と過ごす数年間を選んだ。(単身赴任の予定だったので)
私じゃなくても会社は回る。私が本当にやりたかった仕事を探す。
です。

安定職を選ばず、不安定人生を選んだのです。

息子には怒られました。「何で俺が進学時期に会社辞めるんだ!」

もし私が旦那だったら、奥さんに「何考えてるの?子供の教育費、私たちの老後はどうするの?」と怒りの言葉を頂くところでしょう。

結果、安定職を辞め、6年目の今、何とか生きています。

当然、収入は半減し、親の介護や子供のこと、いろんな事を抱えた人生ですが、

生涯の職業は見つけました。見つけたというより、やりたかったことを実現しています。

「建築プロデュース」

奥が深い仕事です。ボス・Kとの出逢いが私の人生を変えました。

人の幸せは何でしょう?

名誉、地位、お金、やりがいのある仕事、健康、家族、

幸せの個人差はあるはず。

でも、私は今幸せです。そして、近い将来もっと幸せになる予感がします。

建築プロデュースという仕事を通して。
[PR]

by k2kikiya | 2007-06-28 15:25 | ひと | Comments(0)

<< 後半突入 大切にしたい気持ち >>