交渉人   

「安藤さん。探してる地域に売地の看板が立ちました。100坪位ありそうです。どうしましょう?分筆できるようですけど・・・。」
とお客様から電話をいただきました。

さ~!交渉人の出番です。

広い土地をまだ何区画にも分けず、分筆前だと交渉次第で、希望の広さ、価格の交渉が可能です。

但し、私より先にお客様が問い合わせなどして話が進んでいる途中に私が出るのは営業妨害として不動産屋に嫌われます。(嫌われ久美子の一生でもOKなのですが)

電話をいただき、現地に行けたのは夜8時過ぎ。
今日の打ち合わせが全て終わってから。
f0031420_2291963.jpg
土地は昼・夜・悪天候の時、周辺を歩いてみることが大切。
昼と夜の周辺の生活音が聞けます。大雨の時は道路の状況が確認できます。

不動産屋は土地が売れた時点で仕事は終わり。
私は土地を買われて、初めて「満足の家創りお世話し隊」の隊員として仕事ができるのです。

土地探しは大変ですが、お客さまと一緒に楽しく家創りの話が出来ることを目標にお手伝いする日々なです。
[PR]

by k2kikiya | 2007-05-26 22:03 | 家づくり | Comments(0)

<< 塗り壁体験 土・左官展 >>