贅沢な選択   

家創りを具体的に考えた時、どんなアクションを起こしたら良いのか?

住宅展示場、雑誌から探して、メールや資料請求のハガキを出す。友人知人の紹介で会社を決める。素敵な家を見つけたら、その家のチャイムを鳴らして、どうやって建てたか聞いてみる。・・・。

今、一番パーセンテージが少ない選択肢は私に会って頂くことだと思う。
なぜなら、一般的に知られていないから。(広告もしていない)

しかし、私が提案することは贅沢な選択かも知れない。

それは、お客さまに合わせた家創りプロジェクトチームをつくるからだ。

昨日、お話、打合せをさせて頂いた3組の方々。それぞれに、要望、希望、現実問題などが違って当然。じっくり、ゆっくり話を聞かせていただき、そのお客さまに合ったチームをつくるのが私の仕事。

1組は近々に建築契約をいただく予定。
このお客さまとの出逢いは運命か!と思うほど衝撃的に、そしてスムーズに流れました。
奥様が器季家に来店され、展示してあったステンドグラスを見て、「こんなガラスを使ったドアのある家に住みたい!」と言われたのを聞いた瞬間に、家創りチームのメンバーが頭に浮かびました。

建築家はあの人で、トータルコーディネートはあの人、施工はあの人。
その通りに今進んでいます。

これはとても贅沢なチーム創りだと思います。それぞれが上下関係の組織人ではなく、プロとして独立している方の横並びのチームです。お客さまのセンスにもっとも近いと思えるメンバーが集結してプロジェクトをつくります。

全体のまとめとお世話役が、ボス・Kと私です。

私は自分が建てた不満足の家のおかげで、今、やっと理想に近い形の家創りの選択肢をつくることが出来ました。
これからの進化が楽しみです。

建築の計画がある方は、私に「マイプロジェクトチームをつくりたい」とご相談下さい。

あなたにとって一番贅沢な選択肢をご紹介します。お楽しみに!
[PR]

by k2kikiya | 2007-04-08 09:44 | 家づくり | Comments(0)

<< ことばの力 ダメな女 >>