暮らしづくり   

建築家と家創りを検討中の方の間で仕事をするようになって今月末で丸3年が経ちました。
4月から心機一転、気持ちを引き締めて、私に「やれること」「やりたいこと」「やらなければいけないこと」を再認識してすすで行きたいと思っています。

熊本で「建築家と家創りを!」の動きが他でも活発化してきていることは非常にうれしい事です。
東京のオゾンを見学したのはもう随分むかしのような。
設計、施工、コーディネートを分割化してそれどれのプロと接点を持てる仕組みをつくった会社というかショールームを東京ガスが立ち上げていました。

すごい!これこれ!ハウスメーカーの家創りに?を感じていた私にとってはとても刺激的でした。
時代は流れ、やっと熊本でもその波が小波ではありますが来た感じ。
お付き合いしている建築家の作品も大切ですが、私はその方の人柄も感じたいと思っています。
f0031420_13343919.jpg
f0031420_13357100.jpg
f0031420_13354019.jpg
f0031420_13383659.jpg
f0031420_13392466.jpg
f0031420_13394661.jpg


古い人間かもしれませんが、「心が通じること」を一番重要視しています。

今熊本の建築家や施工業者、インテリアコーディネーター、他にも多くの事業に関わる方々とネットワークを拡げています。

これは、お客さまの為に誰と誰のコラボレーションがベストか!という選択肢を拡げたいからです。創り人にはそれぞれ建築に対する思想やこだわりがあるはずです。当然お客さまにも夢いっぱいに膨らんだ想いが。

そこに「心の伝わるプロデュース」をすることで、「暮らす」うつわ創りが始まるのです。

今、私が関われる家創りは1年間で5~6件が限界です。
1件の家創りに全力投球してしまうので、気力体力が持ちません。

でも、土地探しから完成した家への引越しまでお手伝いしますので、勝手に親戚気分になって情が湧いてきます。

なが~いお付合いの暮らしづくり。今春からも皆様よろしくお願いいたします。
[PR]

by k2kikiya | 2007-03-25 13:35 | 家づくり | Comments(0)

<< 創る・伝える プロデューサー >>