長々と・・・。   

明日、あさって熊本市内黒髪で「空楽の家」完成見学会をします。

詳細は熊日スパイスと空楽日記をご覧ください。

「民芸家具が似合う、大人の時間を楽しむ家」
このコピーを呼んで、20~30代の方が「私たちには合わない家?」
と思わないでくださいね。

家創りのひとつのカタチとして参考にしていただけば良いのです。


お客さま(そこで暮らすご家族)のこだわりをちゃんと受けとめて、カタチにしたところを
「体感・空感」してもらいたいのです。


当たり前のことですがこれがなかなか組織が大きくなったり、建築家と施工会社の調整がきかなかったり、職人の腕が足りないと完成度が低いものになってしまいます。

ボス・Kの言葉

性能、機能、デザインこの三つが建築物のもっとも大切な要素。
このバランスはお客様の要望によって変わってくる。
どの要素を重視されるか、こちらが提案するかでよい家創りのプロデュースが出来てくる。


酒が入ると「ただのおっさん」に変身する、ボス・Kですが
言ってることがとても理解できて感動しました。(身内で自我自賛は恐縮ですが)

この意味をもっと分かりやすく説明すると

性能や機能やデザインは「標準化」して商品としてお客様に売るもではありません。

「家」は住み手のこだわりや要望で違ってきます。

そのこだわりに対応できるのが「力のある家創り隊」なのです。

今月ご契約いただいたお客様は、北海道から転勤で熊本に。
そして家を建てることに。
ハウスメーカーや地場の工務店に相談されましたが

望まれる高断熱の家に対して、どこの提案も満足できなかそうです。
性能だけではなく当然、外観内観空間のデザイン性も期待するし、奥様が動きやすい家事動線も気になるし。

そんな時、出逢ったのが「力のある家創り隊・空楽」だったのです。

ストレスが解消されました。とご夫婦で喜ばれています。

パンフレットやコマーシャルで伝える業者からの売りの家創りではないもの。

簡単なようで、奥が深いです。キャリアとセンスと信念が必要です。

長々と書きましたが、皆さん遊びに来てください。

ゆっくり見学したい方は27日の夕方17:00からの「空楽カフェ」へお越しください。

空楽カフェは器季家が協力してカップ展の作家の器で美味しいコーヒーをお入れします。
空間を感じ、建築家達と楽しく語らい、美味しいコーヒーを素敵な器で飲む。

家創りに興味のある方には、とても楽しい時間になりますよ!

お気軽に予約してください。 (096-369-7272)若杉建築設計内

お待ちしてます。
[PR]

by k2kikiya | 2007-01-26 10:01 | 家づくり | Comments(0)

<< 嬉しいご対面 類は類を! >>