類は類を!   

カップ展で手づくりチョコを作っていただくゆきママが、昨日器季家に試食品のチョコを持ってこられたときの話です。

「主人の職場の方が今家を建ててるんだけど、現場をあまり見に行かないそうです。
あまり行くと現場の方の迷惑になるだろうし、見ても分からないし・・・。ですって。我が家なんて、私は毎日お昼に、主人は勤めの帰りに夜、見に行ってましたよね。私たちがおかしいのかな?迷惑だったのかな?」

とんでもない。
おかしくても迷惑でもありません。
一生に何度と建てる事の出来ない大切な家です。
心配でもあり、嬉しくもあり、不安でもあり。

職人さんの一生懸命に働く姿も見てあげてください。
私たちは「家創り熱くるしい情熱を持った集団」です。

クールなお客様やお任せタイプのお客様とは家創りは出来ません。

類は類を呼ぶ。

お客様も熱く家創りに想いを込めてくださる方を歓迎します。

どんどん現場には足を運んでくださいね。

現場の職人達とも、どんどん話してください。

家にもっともっと情がわいてきますよ。

これは家創りに限らず、ギャラリーで展示する作家の作品にも感じることです。

たかがカップ、されどカップ。

どんな方が、どんな気持ちで作品をつくったか知ると、愛着が湧いてきます。
モノづくりの大変さを知れば、ちょっと欠けても捨てたり出来ません。
なが~く大切に使いたくなります。

私は創り人と住み人、使い人の架け橋の仕事をしています。

とても大切な仕事です。そして幸せな仕事です。
[PR]

by k2kikiya | 2007-01-25 19:40 | 家づくり | Comments(0)

<< 長々と・・・。 美味しいご協力 >>