~人生の歩幅~   

朝の散歩
f0031420_14454433.jpg
まだ朝日も登らないうちに我が家の散歩は始まります。
繁華街なのに川沿いは公園の緑もあり気持ちがいい風景です。
f0031420_14475516.jpg

父と娘(シーズ犬)です。
このふたりの歩幅はぜんぜん違います。
父は病気のせいで、小刻みに早くなり、娘はリュウマチで前足が曲がっていて一生懸命に走っても、すごく遅いのです。

このふたりと散歩する私は大変です。

前と後ろに父と娘。両方に気を配りながら歩きます。

疲れます。ひとりの散歩がどれだけ気持ちよく自分のリズムで歩けるか。

でも、考えるのです。

これが家族、それぞれの生き方のリズムかな?

自分ひとりだったら気がつかなかったこと。

子育て真っ最中の頃、子供に
「早く!早く!」と怒鳴っていました。
今思い出すと、可哀想で、怒鳴ってる自分も恥ずかしい。

家族でも、自分の子供でも人として尊重してあげなければいけないこともあります。

何で、今頃気がつくんだろうと反省しながら、

歩幅の違う私達は目的地が同じ「我が家」へ向かって歩きます。

これからも・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-30 14:59 | ひと

<< パートナー探し 大好きな仕事 >>