人生の中間棚卸し   

最近、仕事が暇だったので、今出来ることを色々学んでみよう!の項目のひとつに挙げた「終活」
親の葬儀を2回経験し、友人知人の葬儀に参列して感じたこと。
死ぬ準備はちゃんとしておこう。
私のエンディングシナリオは書いておこう!
です。

痴呆症になったら?
入院したら?
延命治療は?
お迎えがきたら?
お経が必要か?
戒名が必要か?
葬儀は必要か?
仏壇はどうするか?
お墓は?
そして
後処理が大変な事は、子供に残さない!

f0031420_1734372.jpg

終活セミナーにも参加しました。
f0031420_17344887.jpg

私の予定では、あと30年は生きているはず。
f0031420_1741045.jpg

なので、今すぐ何かを決めなくても良いとは思っています。
でも、
身辺を整理して、身軽にどこへでも遊びに行ける風天の久美子になるためには、
大切なものと、そうでも無い者、物の区別や「生きがい」というものへの直視も必要。

私にとっての倖せは、お金の額ではないことも再確認。

人生の中間棚卸しで、不要な物は破棄して、大切なものは更に丁寧にかかわる暮らし。

これを毎年意識すれば、素晴らしい日々が送れるはず。

きっと?!

[PR]

by k2kikiya | 2017-06-15 17:41 | ひと

<< 世界の富士山 マイナスイオンの静の時間 >>