現場主義の未来   

娘は私の事を「多動症?」のように表現します。
調べてみると、違うような気はしますが・・・。

とにかく、常に何か考え行動しています。
今から未来に向けて。
過去の失敗も、必ず次は役に立たせる気持ちで。

60歳で、世間は還暦のお祝いとか引退の話がよく出てきます。

でも私には、お祝いも引退も関係ない。

よくここまで生きてきた!の自分を誉めることはしますが、これから先の私にわくわくする気持ちの方が大きい。

絶望の日々からの出口も見つけました。
見つけたというより、自力他力で作ったが「正解」かも。

最近、色々な事に挑戦してみようと思っています。

「シニアステージサポート」の為に。

65歳の私は何してる?
どこで笑っているの?
どこを旅しているの
何に感動しているの?

と、近い未来の自分に問いかけています。

お金と人を使って何かを始める!よりも現場主義の私は、「まず自分が動いてみる」からスタート。
[PR]

by k2kikiya | 2017-05-07 07:16 | ひと | Comments(0)

<< 自己顕示欲 足るを知る日々 >>