ひとつ・ひとつ・ゆっくりと   

器季家初めての企画展
「工房しょうぶクラフト展」

工房しょうぶの存在を知ったのは先年11月位のこと。
作品の感性の高さに感動して
即、鹿児島へ。
あれから8ヶ月後、自分のギャラリーを持ち、そこで企画展が出来る。

幸せな事です。
私がやりたい!と思う事に力を貸してくれた仲間や菖蒲学園の皆様に深く感謝します。
f0031420_12392196.jpg
布のステージ。
手染めの糸で刺繍したバック。裂き織の布、手書きのシャツ。ひと針ひと針思いを込めたデザインのものばかり。
f0031420_155352100.jpg
f0031420_13303225.jpg
色の組み合わせが独創的。布を裂いて細くして糸と織り込んでいく。細かい手仕事です。
f0031420_1331591.jpg
木のステージ。f0031420_13371898.jpg
f0031420_1338389.jpg

レッドウォークや樺の木から出来た木の小物たち。
ひたすら削って、削って・・・。

器季家ステージは土と紙。
f0031420_15561377.jpg
f0031420_1556506.jpg
f0031420_1557365.jpg

土をこね、和紙をすき、形ができる喜び。

工房しょうぶの作品から活きるエネルギーをもらい、

これからの仕事もひとつ、ひとつ、ゆっくりと大切にしていきたい。
[PR]

by k2kikiya | 2006-07-05 16:03 | 創り人 | Comments(2)

Commented by idea7987 at 2006-07-07 09:54
先日はお邪魔しました。 
やっぱしバッグかわいいです。
何の邪気もなく創ったものは 味わい深いですね
大切に使います~☆
やっぱし チビの“お気に入り”の仲間入りっす!
Commented by ankumi at 2006-07-07 17:35 x
お買い上げありがとうございます。明日天気が良かったら木のワークショップ来ませんか?夕方は立食パーティです。晴れたらいいのですが・・・。

<< 木のワークショップ ~幸せな仕事~ >>