梅雨時に分かる心地良さ   

梅雨時のじめじめは不快感なのも。
特に窓も開けられない時は、室内でドライか冷房を入れないと過ごせません。

しかし、今日お邪魔したS邸の心地よかったこと。
これは体感しなければ分かりません。

冷房もドライにもしていない室内。
カラッと爽やか!

f0031420_21175916.jpg

f0031420_21182678.jpg

築4年目のお宅です。最初から木材は防腐剤に漬け込んで染み込ませた後、施工しています。
f0031420_21202540.jpg
玄関を入ると「森林浴」
この家には土間があります。そして、外断熱工法。
家全体を魔法瓶のように断熱材で覆っています。
f0031420_21242019.jpg

f0031420_2128530.jpg
f0031420_21285234.jpg家づくりに積極的に参加されたご主人。床はモップでコツコツオイル塗りをされたそうです。













f0031420_22194212.jpg
f0031420_22203557.jpgf0031420_22161126.jpg












大工さん手づくりの机や洗面台。とても良いあめ色になっていました。世界にひとつの職人技です。
f0031420_2222088.jpg
この家のトータルコーディネートをした空楽の設立メンバー、木村さんとご主人。
家づくりの最中は皆でワイワイ話し合ったようです。

家は住んでみて分かることがいっぱいあるはずです。
この梅雨時、室内の自然素材が大きな働きをします。
珪藻土、床、壁の天然木。
それぞれが調湿効果を発揮します。生きている素材なのです。

「住んでみないとこの心地よさは分かりません。」S邸ご主人の感想です。実感!
[PR]

by k2kikiya | 2006-06-28 22:33 | 家づくり

<< 工房しょうぶクラフト展 ~たなばた~ >>