底力   

熊本地震で、大阪に避難していた、書道家、春逕さん。
熊本に帰って来た時は覚悟が出来ていたはず。
もう、逃げない!と。
そこで、出てくるのが底力。
f0031420_22184184.jpg

毎年、水俣の棚田のあかりというイベントで文字をライブで書く。
今年は、別格の底力が書かせた文字。
f0031420_22203647.jpg

右側にあるA4用紙と比べれば、どれだけの大きさか分かる文字。
彼女の想いが伝わります。

同時期に、細川コレクション常設展示場では、細川家の歴史と関わる書が展示してありました。
きっと、春逕さんが、タイムマシンに乗って歴史を戻した熊本の細川藩の書の指導者だったら、きっと文化が変ったろうな!
と、妄想女は楽しく見て回りました。

何事にも、底力を表現できたら、そこには感動がうまれるはず。
[PR]

by k2kikiya | 2016-09-28 22:28 | ひと

<< おひとりさまのランチ 反省ならサルでもできる! >>