蜩窯・創り続ける男(ひと)   

熊本地震後、「形あるものはいつか壊れる」を実感。
30年以上集めてきた、陶芸家の器も悲惨な状態になってしまった。

そして、考えた。
次の出会いの為に、壊れた器にはお礼を言って処分。
使い手の気持ちは、それでおさまった。

でも、つくり手はどうしているのか?

陶芸家の友人達に連絡をとった。

やはり数人は、目の前で作品が壊れていくのを見て、ショックで未だに気分がすぐれないようだ。
工房も、家も被災いした人たち。

昨日は、吉無田高原のヒグラシ窯へ伺った。
f0031420_6432193.jpg

カフェの建物も被災して、今補修工事に入っている。
f0031420_6322990.jpg

でも、手作りツリーハウスは、凛と建っていました。
陶芸家の渡辺さんは、マイペースで作品づくり中。
f0031420_6352922.jpg

色々お話を聞くと、彼の凄さが分かってきた。
器をつくるだけの男ではない。

今回は、近所の被災した家の屋根に登り、ブルーシートをかけたり、傾いたカフェの土木工事を皆でしたり、色々と動き回ったらしい。
非常にたくましいひとです。
畑仕事もします。ミニトマトから大根など、「土」に関しては軽やかに動く男(ひと)
f0031420_6381544.jpg

作品にも、それが出ています。
ワイルドで、優しい表情の器たちが完成を待っていました。
f0031420_6395342.jpg

10月初旬には、カフェが再オープンの予定。
今、ピザ窯も壊れたので、新しいピザ窯の作成中。
f0031420_6413322.jpg

早く、また美味しいピザを食べたいです。
[PR]

by k2kikiya | 2016-09-22 06:43 | 創り人 | Comments(0)

<< 反省ならサルでもできる! 100円で幸せな時間 >>