パラリンピックをみる度に   

五体満足の私。

授かった身体能力を使い切っているのだろうか?
出来ない理由から、「挑戦」を避けていないだろうか?

パラリンピックを観る度に、自問自答。

今朝の水泳競技。
競技に出たのは、知的障害者の選手たち。

アナウンサーの紹介がない限り、まったく障害が分からない。

心と頭の障害を持っても、アスリートとして、飛び込み台の上に立ち、ピストルの音で、一斉に皆飛び込む。

正常?な私でも、うまく飛び込めないのに。

凄いな~と思う。

我が子だったら、きっと涙で雄姿が見えない。

生きる! 

活きる!

活かされる!

自信がつく!

笑顔になる!

自分に挑戦してみる!

そして、輝く・・・。

可能性は、自分のやる気次第で、無限大なのかも。
[PR]

by k2kikiya | 2016-09-15 13:02 | ひと | Comments(0)

<< 愛着と執着 魔法の鏡 >>