想いも現実も同じ二人   

f0031420_202472.jpg

屋外カフェ?
ではなく、南阿蘇の阿蘇望の郷の外庭。
f0031420_20253061.jpg

待ち合わせした訳でもなく、同じ時間に南阿蘇に帰っていました。
ステンドグラス作家の塩田さん。
住宅会社の女性営業者として頑張った二人。
そして、いつの日か南阿蘇に暮らしたいね、と語り合った二人。
夢を叶えて10年前に南阿蘇に家を建てた塩田さん。
そして、その5年後、近所に山小屋を建てた私。

今は、南阿蘇の家が被災して、危険地域に指定された二人。

どうやって、この現実を乗り越えようかな???と、考える二人。

ケセラセラ!の想いで、いっぽ前進中の二人。
[PR]

by k2kikiya | 2016-07-26 09:46 | 仲間 | Comments(0)

<< 小さな家でおおらかに暮らす! 火の国の女たち >>