南阿蘇大好きびと達   

先日、南阿蘇に移住されている人たちが発起人となって、「南阿蘇マルシェ」をやろうじゃないか!
の会議がありました。被災した友人達を元気づける為にと。
f0031420_7404810.jpg

中央の方は島根から久木野へ。弁護士さんです。
右の男性は福岡から。イラストレーター。
左の方は長崎から。先日まで久木野の不動産会社で分譲地販売を。もうすぐその会社は閉業します。

それぞれに、南阿蘇大好きびと達。

でも、地元の方とちょっと感性が違います。
何かイベントをする時、企画を建てる時は、少々摩擦が起きることを想定内にして進んで頂きたいと、応援しています。
f0031420_8411100.jpg

南阿蘇には、益城から登りグリーンロードを通って行きます。

これまでは、久木野トンネルを抜けるのが私のコースでした。
でも今は、どこのトンネルもちょっと怖い。
f0031420_844316.jpg

グリーンロードも慣れると、気持ちの良い道です。

会議が行われた阿蘇望の郷からの風景。
f0031420_85861.jpg

活火山の阿蘇山の立場で考えると、「地球のくしゃみ」は当たり前かもしれません。

人間が貪欲で、どんどん自然の中へ入り込んで「安住の地」と勝手に思い込む性質かも。

どこで暮らすか?
どこを守るか?
どこを愛するか?

風天久美子は、風と共に、心地よい場所で、活かされることを楽しくやりたい。
これだけです。

南阿蘇も大好きびとのひとりとして。
[PR]

by k2kikiya | 2016-06-11 18:39 | ひと | Comments(0)

<< 被災太り・・・! 立ち上げ屋 >>