立ち上げ屋   

私は気がつけばいつも「立ち上げ屋」みたいなことをしています。

「企画立案」までの流れの一員にいることが多い。
会社の中でも、新規事業や改革、、ブランドづくりのメンバー。

決して、能力があるわけではなく、道なき道を進むのが好きなのかもしれません。

かなり大変なことなのに。エネルギーも消耗します。

風当たりの強い場所を歩き始めます。

今回も、築100年の町家再生につぎ込んだお金と時間はかなりのものです。

でも、これで終わりでは、ありません。

妄想力には自信があります。

今回の震災後の町家再生Ⅱには、「繋ぐ」のテーマがあります。


「個」より「集」

10年後、シニアアパートメントに暮らしたいと考えています。
でも、理想郷の場所と建物と仕組みがまだありません。

その為にも、立ち上げ屋は多くの人力の知恵とネットワークを必要としています。
[PR]

by k2kikiya | 2016-06-10 08:16 | ひと | Comments(0)

<< 南阿蘇大好きびと達 風天のくみの行く先は? >>