動画遺言   

生死の危険を味わうことはめったにない。

台風や地震。
この一年で、熊本で味わった自然災害。

この先も、何があるか分かりません。

一回目の地震を経験して、親せきの結婚式に参列し、本震は体感していません。
東京の姉の所から帰れない状況の時、また「覚悟」しました。

私のこれから先の人生に何が起こっても、子供達が慌てず、騒がず、淡々と「私のこの世での終わり」を見届けてくれるための「遺言」

甥っ子が、動画編集が得意なので、お願いして、3分位の私の語る遺言を撮ってくれました。
これを、きちんと梱包して、私が生死をさまよう時期が来たら、子供達に見てもらうつもりです。

但し、59歳の私が語る画像と、92歳の私とのギャップは大丈夫かな?

ある方に、「あなたは92歳まで生きてますよ」と言われたので、この数字は意識しています。^0^
そして、遺言の最後に写真も入れてもらいました。
f0031420_6543296.jpg

姪っ子の結婚式会場での写真。
赤い花で「LOVE」
この場所がとても気に入りました。

さてさて、動画遺言は、いつ子供たちが見るのかな???
[PR]

by k2kikiya | 2016-05-03 07:00 | ひと | Comments(0)

<< 歩きはじめる・・・。 大地は借り物 >>