大地は借り物   

今回の地震で感じたこと。

テレビでは、悲惨な状況ばかりが映し出されるけど、実際に南阿蘇に戻ってみたら
とても穏やかな自然の風景が目の前に広がっていました。
f0031420_1603211.jpg

阿蘇大橋も、久木野トンネルも通れないので、裏道のようなグリーンロードを走りました。
14日に出たのでそれから、16日ぶり。
たったそれだけの期間に熊本では1000回以上の地震が起こっているのです。
f0031420_1682831.jpg

山小屋はありました。
中は悲惨だったけど、ちゃんと建っています。
「ありがとう!怖かったね。」と言って入りました。
周りは、何事もなかったように、うぐいすが鳴き、初夏の風が吹いていました。

地震や台風、津波、と色々あるけど、自然の大地に私たちが土地を借りているだけなのかな?
と感じる時間でした。

放射能の人災がなかったことだけが救いです。

世界の活火山。阿蘇のふもとに暮らすということは、やはり「覚悟」が必要。

山の神様、、守ってくれてありがとうございました。

と言っても、近くの集落は凄い状態らしい。
活断層の影響と、古い建物が多いせいでしょうかね。

皆さん、避難所生活大変そうです。
私の集落は、まだ断水が続いています。

本当に、お疲れ様です。
[PR]

by k2kikiya | 2016-05-01 16:14 | Comments(0)

<< 動画遺言 明るい話題 >>