明るい話題   

大地震後、明るい話題がない。

テレビを観ても、芸能人のくだらない不倫騒動や、国を守るはずの役人のお金の使い方、その他諸々のつまらない話題ばかり。

「明るい話題?」

そう、ありました。
私の中学校からの友人が「明るい」
f0031420_4183936.jpg

真ん中のWちゃん。
天然です。
気が優しくて、大らか。
良く笑います。
震災後初めて友人集合で呑みました。

そして、人生のドン底と言ってよいくらいの状態の私が焼酎で顔が「明るい」ではなく「赤い」

その上、食欲があるので「被災者」の表情ではない。
これも「明るい話題」にしておこう。

とにかく、命はあります。
生きています。
まだまだ、活かされる命。

個人の被災より、古い街並みの歴史的風景がなくなること
南阿蘇の自然の風景が壊れたことの方が、かなりショックです。

今日から、一日ひとつ
「明るい話題」を探して、笑うように、意識します。
そして、個人復興プロジェクトをスローテンポでスタートします。


笑う門には福来るで・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2016-04-29 04:24 | ひと

<< 大地は借り物 決意表明会議 >>