バナナの木がある家   

もう5年位経ちました。
息子の同級生のお母さんからの紹介で、電話が入りました。

「東さんですか?私家を建てたいのですが、どこからどう進めば良いのか分かりません。会って話を聞いてもらえますか?」
元気はつらつで、私が圧倒される声でした。

その方の自宅に伺って色々話しました。
私と同じような状況で、子供さん三人を女性一人で育て、実家を建替えして、跡取りをする家を建てる計画。


「東さんにお願いしたいです、家づくりのサポートを」という流れで完成した家が、この家。
f0031420_9183762.jpg

二世帯三世代が、それぞれのプライベートを楽しみながら同じ敷地内で暮らす家。

Kさんの希望は
バナナの木を家の真ん中に植えたい!でした。「はぁ~?!」の私。

そして、その希望はこんな風景に。
f0031420_9213833.jpg

中庭にせずに、温室のような屋根なるベランダ。
そして
居酒屋のようなキッチンにしたい!の要望は
f0031420_9231074.jpg

以前からお使いのテーブルと椅子にキッチンカウンターの高さを合わせました。

大勢が集まれば、「おばんざいの店」がオープンします。
大皿に盛ったお惣菜をキッチンのカウンターの棚に慣れべ、各人が好きなものを選び、好きな場所で食べる。

素敵な暮らしです。

家を建てるというより、大事なのは「どのように暮らしを楽しみたいか?!」です。
家の話より、Kさんとは「人生の話」が多かったと思います。

そのKさんのお宅に久しぶりに、先日伺いました。
イベントのやり方を相談したいということで。
私は、何でもやれる?!と誤解されているようです。^0^

そのKさんは、ご自分の苦難の体験から、心理学や星占術なども勉強されて、話を聞いていると楽しくなります。

Kさんからのアドバイスは
「今年の私は「0」の年だということです。
何十年も猪突猛進で生きてきたのだから、今年は休憩よ。
エネルギーがない時期。ガス欠状態ですよ。とのこと。

車も走りませんよね。ガソリンが無ければ。
今年は、ゆっくり休養しながら、来年からのことをしっかり妄想して下さい。
行動を起こしてはダメ、妄想するのです、やりたいことを。少しずつ。」

このアドバイスで、気が楽になりました。妄想は得意分野ですから。

「停滞」という言葉は少しネガティブになるけど、「ガス欠」は気が楽になります。

家創りのお客様でも、プライベートなことを私に色々アドバイスを下さるので楽しいです。

バナナの木は室内では育たなかったので、屋外に地植えをされました。
食糧難、大気汚染も考えて、地下に食品貯蔵庫も作りました。

想い、希望、願望、要望。色々話され、設計士がそれを理解したうえで、そぎ落として、素敵な家が完成しました。

というお話です。

ガス欠のクミコより・・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2016-03-18 09:39 | 家づくり | Comments(0)

<< 私ができること・・・。 食に満たされると・・・。 >>