林住期   

25年ぐらい前に、エッセイストの桐島洋子さんが、ヒンズー教の人生の考え方を書いた文章を読んだことがあります。

その当時は、なるほど!と感じたくらい。
まだまだ子育てにアプアプしていた時期。

ヒンズー教では、人生を四つの期に分けるそうです。

学生期(がくしょうき) 勉強に励む時期

家住期(かじゅうき) 仕事や家庭に力を注ぐ次期

林住期(りんじゅうき) 自分自身や自然に向き直り、深くものを思う余裕を持つ時期

遊行期(ゆうぎょうき) いよいよ老いを迎える期

私は、まさに林住期の真っ只中。

余裕はないけど、丁寧にこれからの人生を考える時期として、時間をつくる。
自然の中で。

この林住期が充実していると、「老人」と他人がいう時期には、それなりの覚悟で棲家を考える事が出来ているはず。

今は自然の中で瞑想時間を・・・。
f0031420_16151463.jpg

[PR]

by k2kikiya | 2016-02-15 16:16 | ひと

<< 綱渡り 足長大根 >>