生きる覚悟   

「覚悟」

この二文字には、大きな力があります。
「動揺しない」ということを、私は感じます。
ぶれずに、核になるものを貫く。これも想います。

生きる覚悟。

この世に生を受けた以上、生きていかなくてはなりません。
自ら、命を絶たない限り、死ぬまで生きるのです。

その覚悟は、ありますか?

この問いを自分にしてみました。

ただ、何も深く考えずに、タラタラと生きるのも人生。
小さな目標を持ち、クリアーするごとに自分を誉める人生。
これもあり。

とにかく、生きるからには前向きに楽しく活きる覚悟。

そのことを意識すると、「死ぬ覚悟」も自然と出来ていく気がします。

死ぬ覚悟。

永遠の命はありません。この世では。
必ずいつかは死にます。
天国に召されます。

その時が来る覚悟。

明日かもしれない。
10年先かも。

それは、神しか分かりません。
でも、覚悟するのです。

そうすれば、「今」が愛おしくなります。
今の自分、家族、恋人、友人知人が愛おしく思えてきます。

生きる覚悟、死ぬ覚悟。

これは、「今」を愛おしく思えることに繋がります。
[PR]

by k2kikiya | 2015-10-27 09:10 | ひと | Comments(0)

<< 上を向いて歩こう! 久木野窯 >>