どこでも生きる自信   

今回の旅行は「東京」
日本の中心地。
仲間との見学旅行と甥っ子の結婚式もあり、4日間滞在。
その中で色々な旅館、ホテルに泊まった。
食事も、ビールと餃子からフルコースまで。
ひとり行動が、基本スタイルの私は、どこでも行けるし、どこにも入れる。
日本語は通じるし、スマフォのナビが誘導してくれる。
下準備なしの旅行も何とかなった。
サプライズが楽しい。
でも、美味しい店のリサーチは大切かな。

東京タワーを見下ろすホテル。
f0031420_9384248.jpg

6帖一間の素泊まり旅館。
f0031420_939153.jpg

どこでもそれなりに楽しむ術を探す。

やはり私は、どこでも生きていけると痛感。

但し、人込みは嫌い。
鎌倉が気に入った。
天気が悪く、小雨の鎌倉の海。
これが江の島の海岸か!と早朝歩いた。

そして思ったことは、
やはり、沖縄の海と阿蘇の山を身近に感じているので、あまり感動がない。ということ。

今の私は、心地よい環境に暮らしていると実感した。

この住環環境を更に大切にしよう!と思った旅だった。


東京は用がある時に行く場所で良い。
住むのはやはり熊本。

それを確認するために行った旅だったのかもしれない。
[PR]

by k2kikiya | 2015-10-20 09:40 | ひと

<< 団体行動 大人の見学旅行 >>