身軽な女   

「身軽な女になろう!」と思う。
間違っても「尻軽女」ではない!

私がなりたい、これからの女性像は、「モノ・金・場所に」執着しないひと。

財産というものに縛られたり、欲で人ともめたり、ここから動かない!場所にしがみつかない生き方。

山小屋は、私の唯一の財産。というより、賃貸で借りている訳ではないので、当然管理していくのは家主の私。

これも、あと何年かは明確ではない。
運転できる間は、楽しく通う。
南阿蘇を拠点に「活生」の暮らしを考える。

他には、執着するものはない。
人ともめるお金もない。
高級ブランドの、洋服も宝石もない。

これから、更にものを減らして、すっきりと暮らす準備に入る。

ただ、年齢を重ねても、減らないものが「妄想」
あれや、これやと自分のことを考える、人のことも考える。

常に前向きで過去には戻らない。

いつも自分の将来ばかりを妄想するので、私の頭の中では自分の年齢が何歳か分からない時がある。

65歳?60歳?あら、まだ50代だったんだ。と。

今年中に、これから先の10年をどう生きるかを妄想しながら、今後の3年計画を練る。

身軽な60代の女性は、どこで何をしているのでしょうか?

最近、人の心配ばかりをして、自分のことは後回しでした。

これからは、自分を大切に愛おしく、そして自由に!をモットーに、身軽な女になりたい。
[PR]

by k2kikiya | 2015-08-28 10:08 | ひと

<< 器季家の点と線 被害なし! >>