倖せの神様の髪型   

何回も書いたし、人にも話してきたこと。

「倖せの神様の髪型」

前髪が少し長めで、後ろはツルツル。

なので、自分にもっとも近い場所で、パッと前髪を掴んで抱きしめる。

通り過ぎて「あ!」と思ってもツルツルの後頭部は掴めません。^0^

見える人には見える。でも、倖せを自分で掴もう!という意識のない人には見えない存在。



さて、さて
何回その前髪を掴んで、「倖せ者」になったことがあるのか?私が。

過去を振り返ると、かなりあります。
仕事もプライベートも。

その時は、「今!」と直感と錯覚と、妄想で、思わず手が出ます。
次に、これが倖せにつながるのか?と考えます。

答が出るのに、10分の時もあるし4~5年かかることもありました。

でも、受け身で何も自分から動かず、ただため息をついている人生とは大違い。

結果が良くも悪くも、前向きに明るく生きようと思うからの「前髪掴み」なのです。

私にしか見えない「前髪だけの神様」
何回も幸運、強運を頂きました。

おとぎ話のようなものですが、倖せとは、自分で掴むもの、築くものということです。

家族や子供や、恋人、周りの人から受け身や依存で「幸せにして!」は長続きはしないはず。

もし、前髪だけの倖せの神様が見える様になった人は、もうそれだけで、倖せが近づいています。

後は、瞬発力のみ。
神様は、小走りで目の前を通り過ぎていきます。

ぼ~っとしていては、後ろ姿しか見えません。

但し「掴む、抱きしめる」は自分で決めたこと。

結果を神様や周りのせいにしない。あくまでも自己責任で!
[PR]

by k2kikiya | 2015-08-08 07:51 | ひと | Comments(0)

<< へそ曲がりの読書法 朝焼け >>