我慢と努力   

結婚生活を解消してもう20年過ぎました。

今更ですが、最近、男女関係や結婚生活の極意を知ったような気がします。

テレビドラマを観ていて思ったことですが。

大恋愛の末の結婚は、大失望が待っていました。
子供が産まれ、幸せな生活に浸りながら、自分とは「?」を問いかけ始めた日々。
台所に立っている自分が、とても苦しかった。
このまま人生は終わってしまうのだろうか?と。
母が、我慢とストレスで大腸癌になり、他界したのをきっかけに、「我慢はしない人生」を求めて
離婚。

そして、何度となく恋愛はしてきました。
でも、これからの人生の伴侶はまだ見つかりません。
10年後、近くにいるのはこの人かな?と想像はしますが、確定ではありません。

冷静に自分の性格を見つめてみると、気がつくことがありました。
この歳になって。

誰とお付き合いしても、同じ結果が出るのです。
伴侶探しができないのは、私に原因があるのかもしれません。

「我慢と努力」のはき違えをしている気がします。これまでの私は。

何十年も夫婦生活をしている男女が、ずっと円満に暮らしてきたわけではなく、お互いに努力して歩み寄って来たのです。


我慢ではく、努力はしなくてはいけないのです。
お互いを認め合うために。

明らかに認める努力。
あきらめる努力。

私には「根性」はあっても「努力」が足りません。

それに気がつきました。今頃ですが。

我慢はストレスの元。

でも、努力は、円満の元。

さて、理屈では理解できました。
具体的に、この気持を実践できるのでしょうか???


経済的自立は、何とかしないといけません。
自由には、責任と覚悟が必要。

でも、茶飲み友達と仲良く付き合うのには「努力」が必要。

とにかく、人間関係を円満にするには、努力は必要。

この先、私がずっとひとりなら、「努力放棄」をしたということでしょうね・・・。^0^
[PR]

by k2kikiya | 2015-07-15 07:01 | ひと | Comments(0)

<< 沖縄の豆菓子のデザイン 極小金持ちの極小贅沢 >>