山暮らしの相棒   

週に2泊は山小屋で!がこれからのリズム。
心の休養。考え事も山でした方が整理整頓ができる。

でも、出来ていないのが敷地内清掃。
簡単に言えば、草刈り。
f0031420_9425894.jpg

長雨で、雑草も伸び放題。

でも、体は動かない。頭で考えるだけ。
あれして、これして・・・。

こんな時、山暮らし得意の相棒がいないかな!と思っていたら
軽トラックが近くで停まり、歩いてくる男性が。

そう、この土地を紹介してくれた区長さん。
色々話していたら、800坪の草刈りをやってくれることに。
以前お願いした時は、区長さんも忙しくて、ちょっとだけ道路沿いを刈ってくれた。

でも、たすかった。
今度は、敷地全体。
ありがたい。シルバー人材ヘも相談していたのをキャンセル。
この地を熟知している区長さんの方が頼もしい。

そのうち、山で色々ワークショップもしたいと考えているので、環境を整えるのは大事。

フットワークの良い区長さんに
「あの、刈払機の刃がさびています。変えてもらえませんか?」とお願いすると
3分で終了。

あ~~~!
山暮らしの相棒が欲しい!!!
と痛切に思った。

街中生まれの街中育ち。
自然の中で活きる男性が、輝いて見える。
高齢の区長さんが。

7月区長さんのお力を借り敷地を整え、秋には何か楽しいことを計画しよう。

心と体の深呼吸。
手仕事ワークショップ。
出前料理人の食事会。

頼れて、甘えて、力仕事も一緒にしてくれる山暮らしの相棒がいたら・・・。
と、贅沢なことを考える時もある。

実際には、そんな都合の良い男性は、いないと分かっているのですが。
[PR]

by k2kikiya | 2015-06-30 09:54 | ひと | Comments(0)

<< 賃貸住宅の気楽さ 柳のように! >>