臆病者!   

先日、仕事仲間と話をしていて感じたこと。
人それぞれ、目の前にある境遇への対処の仕方が違うこと。

とても当たり前です。
生きてきた環境や性格や考え方は皆、それぞれに違います。

違って当たり前の人達が集まって仕事をします。
ばっちり、まとまるわけもない。
でも、仕事がきちんとやれているとしたら、それぞれの凸凹の考え方が、丸く納まったということ。

私のことを、ある方が「時々空回りする」と言いました。
もちろん、それは自覚アリです。
でも、じっとして動かないくらいなら、空回りしながらでも、少しは前進しようというタイプなのです。
私は。
なので、無駄な労力と人は笑うかもしれないことを、これまでの人生でかなりしてきたと思います。

恋愛に関してもそう。
好きならどんどん積極的にいくタイプ。
でした・・・。

でも、今は「臆病者」かもしれません。
大切な人を白黒はっきりして失うくらいなら、グレーゾーンの中にいて、様子をうかがっています。

別れはつらいものです。
この人がダメなら、次!の気持ちにはなれません。

ラテン系の死ぬまで恋愛体質だと思っていた自分自身の代わり身に、我ながら驚きもあります。

色んなことが集約されて「愛ある距離感」という言葉が出てきました。

ぶつかり合って、お互いが心に傷をつけ合うのが嫌になりました。

今は、穏やかなひとり時間の方が心地いい。

大恋愛から結婚して、子供も産んで、仕事も頑張り、離婚も経験し、今から先は「小さくて穏やかな倖せ」が欲しい。

臆病者の発言でしょうかね?!

「なんでもない日々の中に倖せを感じたい」わ・た・し。
[PR]

by k2kikiya | 2015-06-26 13:23 | ひと | Comments(0)

<< 統一 いのちのゆくえ >>