飽きない!   

家創りで大切なことは、「経年美」
月日が経っても、飽きない、美しさをます空間設計。
木、石、土などの自然素材の質感が、変化しながら暮らしに馴染むのが良い。

「藍色」にも同じものを感じた。
明日まで開催中の「藍染展」
f0031420_8285263.jpg

年齢を重ねても長く身につけることが出来る色。

ものを増やさない。
好きなものだけに囲まれた、シンプルな暮らし。
を考えれば、この上質な藍色の布は、一枚欲しいものです。

一期一会の縁。
30代の平田さんが、作家として藍色と向き合い、布、デザインという形で、どう想いを表現していくのか。
今後が楽しみです。
[PR]

by k2kikiya | 2015-05-23 08:32 | 創り人

<< 朝考える! あきらめる関係 >>