仙女の暮らし方   

近い将来は、週の半分は町で仕事をするのですが、週末は山小屋での暮らしを、とても大切にしたいと思っています。

髪を切ったので、今の私の風貌は「やまんば」ではなくなりました。
f0031420_1833280.jpg

昨夜は2週間ぶりに山に戻りました。
そして、やっぱり「ここが良い!」としみじみ思いました。
山小屋には書道家、稲田春逕さんに以前頂いた書を飾っています。

心の深呼吸ができる場所。私にとっては、桃源郷です。
f0031420_181479.jpg

久しぶりに敷地内のくぬぎ林を歩き、森林浴をしました。


数年後には、私は仙女のような暮らしをしたいのです。

仙女の暮らし方?

質素に自然の恵みに感謝して、来客者に「静の倖せ・豊かさ」を伝えてあげる場所づくり。
でも、現実には霞を食べて生きることは不可能です。
60過ぎて、年金+町での仕事で生きていける「お金の管理・整理術」を河田真里先生に教えて頂きました。
f0031420_18175293.jpg

デザイナーで、整理収納アドバイザーの資格も持つ、できる女性です。
「超カンタン」我が家のお金の管理術を3回コースで教えて頂きました。

私は、これからの人生をお金を貯めることに生きがいを持つことはないと思います。
でも、自分らしい暮らし方、仙女の暮らし方には、貪欲です。
最低限いくらあれば出来るのか?
を、ぼわ~と考えていました。

グッドタイミングで、セミナーへのお誘いを受け、自分で認めたくない「ざる勘定」を見直す機会ができました。

限られた収入、自己資金で、いかに楽しく仙女の暮らしができるか?
その後、老人施設へ入居するまでのお金の管理。


真剣に今考えています。
[PR]

by k2kikiya | 2015-04-06 18:24 | ひと | Comments(0)

<< 南阿蘇のおいしいお店 軌道修正は大切! >>