平凡な幸せ   

先日、久しぶりに映画館へ。
アメリカンスナイパーを観ました。
あまりにリアル過ぎて、心が痛く、目をそらす場面もありました。
SFや時代物の戦いとは違う、「今」を表現している実話をもとにしたもの。

自分の息子が徴兵されたら、戦地へ行ったら、考えたくないことを考えてしまい、心がとても痛かった。

人はどうして戦争をするのでしょうか?
どうして、傷つけあうのでしょうか?
制服したがるのでしょうか?
直接の原因とは違うところで、関係ない人までが命を絶たれる。

数日町に泊まっているので、無性に山小屋に帰りたくなった。

世捨て人ではないけれど、平凡で小さな倖せな暮らしがしたいと強く思った。

人に迷惑かけず、争いごともなく、ただただ静かに、穏やかに暮らしたい。

今日、今、この時も世界のどこかの国で戦争は起きている。

アメリカンスナイパーという映画。
皆が目をそらしている実話の辛さ。
[PR]

by k2kikiya | 2015-03-23 09:18 | ひと | Comments(0)

<< 夢でした。 情報と洗脳 >>