おだやかに・・・。   

荷物整理をしていたら、中学校からの親友の年賀状が出てきた。
20年前のお正月の年賀状。
私が、離婚で悩んでいた頃です。

彼女は、その苦悩を「穏やかに乗り越えて行きましょう」と手書きで書き込んでいた。

その言葉を、今はしっかり受け止めることが出来る。
「おだやかに」
彼女なりの励ましの言葉。
「頑張って」だったら、心が折れてたかもしれない。

必死で頑張っていた時だったので。
これ以上どう頑張れば良いのか?!と思ったかもしれない。
彼女の優しさが、20年後の今、身に沁みる。

そして、私は苦難を乗り越えて、今生きている。
励ましてくれた、彼女は天国へ。

彼女の「死」は、私に生きることへの貪欲さを教えた。

仏教の世界では、来世で幸せに暮らせるように、今世で苦行を重ねる。ということもある。
でも、私は今が楽しくないと意味がない。
今、充実した日々を送ることが一番。
やりたいことへ挑戦することが大事。

必死で、今を活きたら、来世がどうだろうと構わない。

「おだやか」とは、ちょっと違うけど、何とか乗り越えて来ましたよ!Mちゃん。

あなたの分まで、生きてる時間を活かします。
[PR]

by k2kikiya | 2015-03-06 23:52 | ひと | Comments(0)

<< 朝日のあたる家 ちょっと先の私 >>