脱!サラリーウーマン   

35歳の遅咲き社会人で住宅会社に入社した私。
二人の子供を育てるのに、必死な時代。
生活の安定が必要でした。
でも、世間のこともよく分からない専業主婦と実家の商売の手伝いしか、したことがない私。
住宅会社に勤務するのは大変なことでした。
可愛い子供たちを家に残して、深夜までの打ち合わせもあり、子供の寝顔を見て「いつまでこの生活が続くのだろう」と不安な時もありました。


そして、時間はそれから20年以上経ちました。
住宅会社の次は、コンサル会社、そして大手企業の新規事業、そして

今は、自由気ままな自営業。
f0031420_1437737.jpg

設計事務所、工務店、コーディネーター達と、事務所をシェアしています。

ひとりではできないことも、士気の高い仲間達と一緒なら出来ることもある。
その想いで、助けられながら共存の動きをして13年目。

これから、後どのくらい家創りの仕事が、現場で出来るか分かりませんが、立ち位置を変え、経験値が活かせる場所を、自分なりに作っていこうと思っています。

誰も、道は作ってくれません。
こんな道を進みたい!と思えば
自分で切り開くのみです。

力ある仲間たちのアドバイスを受けながら。

脱!サラリーウーマンになって、本当に良かったと思っています。
個性が活かせるステージに立っています。


空楽 (色字クリック
[PR]

by k2kikiya | 2015-02-23 14:44 | 家づくり | Comments(0)

<< 子供の顔が見える家 おいし~~~い! >>