10人の10本のものさし   

産まれも育ちも違う、年齢も違う10人の男女が集まったとします。
そうすると10本のものさしがあることになります。
ものさしとは?!
感性、正論、人生観、価値観、様々なその人の想い。
皆がすべて同じことは、まずありえません。
ものさしのひと刻みの長さは、10人さまざま。

そこで、いつも私が思っている、「あきらめる」
明らかに、相手を認める。

これがないと、もめます、ぶつかります。
柔軟な関係にもなりません。

それを重々わかっているのに、ぶつかることも。

先日、友人と
「私達、変にまじめな所があって、言葉に柔軟剤をかけないと、相手に誤解や不愉快な思いをさせるよね。言葉の語尾に柔軟剤をふりかけようね。」
と話したばかり。

なのに、昨夜久しぶりの食事会で、ストレートパンチの言葉を吐いてしまった。

なかなか、ものさしのひとメモリの違いを、上手に受け止められない私です。
まだまだ未熟者です。
[PR]

by k2kikiya | 2015-02-08 17:02 | ひと | Comments(2)

Commented at 2015-02-09 14:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by k2kikiya at 2015-02-10 13:22
ありがとうございます。

<< 動物的本能 農家の旬がお菓子になりました。 >>