神社とのお付き合い   

日本人は、宗教戦争が起こらない!とテレビで誰かが話していた。
信じるものが多いから。
神様、仏様、キリスト様、他にも色々守り本尊なるものも多い。
これ!ってひとつの神を崇めて、信じない人を裁くことはない。


私は建築の仕事をしているので、地鎮祭に関して、毎回施主におたずねします。
お寺のお坊さんが見えることもありますし、神父さんがお祈りされることもあるので。

「何か信心されているものがあれば、そのやり方で地を鎮める行いをしますよ。」と。
でも、大半の方が、
「特にありません。初詣や七五三は神社に参ります。」のご返事。

なので、神社とのお付き合いは多いです。
地鎮祭の段取り役として。
f0031420_1163314.jpg

何だか、ふうてんの寅さんが、後ろを歩いて来そうな風景。(勝手に妄想)
大江の是法神社。
先日地鎮祭を終えたNさんと、井戸に埋めるお札と鎮め物を頂きに伺いました。
f0031420_1110144.jpg

神社での正式なお参りの仕方を教えてもらうはずが、Nさんが弓道を習っていた時の指導と似ているそうで、参拝の仕方から、弓道の話で盛り上がっていました。
f0031420_1119677.jpg

先日の大安吉日のN邸地鎮祭。凛々しいお姿の宮司さんと。

N邸「僕たちの家」は、工事がスタートします。
2階リビングで、「空」を独り占めできる家。

家創りに興味のある方は
ファーレ通信」をご覧ください。(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2015-02-06 11:23 | ひと

<< 農家の旬がお菓子になりました。 眺望が一番! >>