覚悟する生き方   

もう何年もお付き合いしている人生の大先輩から言われた言葉。
「東さんは覚悟が出来ている。物事の見方にも生き方にも」
と、言って下さいました。
そう、吉田松陰の言葉の集約本のタイトル、「覚悟の磨き方」は常に意識している。

決して、人にそれを進めはしません。
かなり厳しい状況になることもあります。

黒船にのるまでの、国を動かす大きなことは出来ません。
自分の身近にある小さな事。
モグラが、目標に向かって穴を掘り、一回地上に出て、また次の目標地へ向かって穴を掘り続けるようなことは、日常茶飯事。

最近、特に心がけていることは、「求めない、責めない、あきらめる」
すべて自分の心の平常心の中で、整理整頓すれば、解決することかもしれないと思い始めました。
求めるのは、相手にだけではなく自分自身になのだと。

目の前の出来事、過去のこと、色々な自分に不都合ことを人のせいにして逃げないこと。

難しく考えることはないのです。

なんくるなるさ!
ケセラセラ!で我が道を行く!

ただそれだけのこと。
[PR]

by k2kikiya | 2015-01-29 08:18 | ひと

<< 人生の四季 即実行! >>