あれから20年   

私の人生の中で一番激動の時が20年前。
離婚するために、新築1年の家を出た日から1月17日で20年が経ちました。
これから子供を二人抱えて生きていけるのだろうかの不安より、自分らしく生きるためには今この家を出るしかないの覚悟を実行した日。
その日が阪神大震災の日だったのです。
あれから20年。
小さな倖せを日々感じています。
家創りプロジェクトチームの仕事は充実し、後輩たちへ繋ぐ準備ができたし
山林を開拓して山小屋を建てた。
そして、町家再生のカフェもオープン。

今日も南阿蘇の山小屋へ帰る道で見る夕焼け。
f0031420_2343750.jpg

自然の美しさにしばし見とれます。
そして、近くの温泉に入り、家に帰ると
f0031420_236362.jpg

薪ストーブの炎に癒されて静かな夜を独りで過ごします。
20年間、紆余曲折の人生でしたが、自分の力で掴んだ小さな倖せ。

これからの20年は、どんな人生になるのかな?!
自分で自分を誉めて、大切にして、励ましていこうと思います。

やりたいことを、ひとつずつカタチにしていく人生。

想いは叶う!を実感しています。
[PR]

by k2kikiya | 2015-01-18 23:08 | ひと | Comments(0)

<< 責めない 場所が変われば・・・ >>