生と死と・・・。   

日曜日の朝。外は小雨が降り、霧で先が見えない。
f0031420_1017824.jpg

火鉢の用意だけはしてみた。
少し肌寒い程度の初冬の霧の風景。
人生の終わりへのイメージもする。
先が見えない不安。
でも、霧は必ず晴れる。慌てず、自然に逆らわず、静かに待つ。
そんな穏やかな心で、珈琲豆を挽き、静かに淹れる。

今、私はどうしてこんな心境になるのだろうか?

きっと、早朝に観たテレビでの延命治療や尊厳死の話題が、脳裏に残っているのかも。。

私の大切な両親と親友の死については色々想いがある。

「人間は、自分の意思で産まれたわけではない。
なので、自分の意思で死を選ぶこともできない」
と、街頭インタビューで誰かが答えていた。

法律や社会性、モラルや家族の想い。
人が死を迎えるのは、色々な事が関わる。

でも、自分だったら。
自分が、延命治療を望むか?尊厳死を望むか?
この答は出るかもしれない。

私が決めていることが、ひとつある。

それは、延命治療はしないで欲しい。

毎年、遺言書に書いても良い。
書けば、多くの想いがあるけど、とにかく、病院で家族に医師が相談したら、「断る」をお願いしたい。私の意思を尊重してほしい。
私には、次の世界でやるべきことがあるはず。
看病する家族の重荷にもなりたくないし、魂は必ず家族の近くに居るので、肉体は解放して欲しいと願う。

あくまでも、私個人の想い。

日曜日の霧深い山の中で、静かに自分の心と向き合って確信した想いです。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-09 10:31 | ひと | Comments(0)

<< 丁寧に暮らす! サバイバルライフ >>