第六感   

私は、家創りで「五感に響く家創り」という表現をすることがあります。

五感。
身体全体の感性が心地よさを感じる家創りのお手伝いがしたい!
と思うのです。

日本は四季があります。
素晴らしいことです。その季節の恵み。
風や光や移り変わる風景。
そして、その季節の植物や作物。それを自然体で感じ取れる暮らし。
その暮らしを楽しむ家。

そんな家創りをサポートする私の感性が萎えていれば、淋しいことです。

感性を研ぎ澄ます。

これは私なりの考えですが、感性を研ぎ澄ますためには、常に自分をゼロにする。
ということ。

こころや体に不純なもの、過去のものを溜め込まない。

すると、す~と「素敵!」「美味しい!」「素晴らしい!」「気持ちいい!」みたいなプラスの感性が心と体に入ってくる。


第六感。
ひらめきという類のものも、常に「自分の意識をゼロにする」ということから、育まれる気がします。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-06 12:22 | ひと | Comments(0)

<< 家具は買わない! 親心 >>