台風避難のおかげで・・・。   

日曜日の夜、山でのんびり、焼酎のお湯割りを飲みながら、テレビを見ていたら、東京、大阪の親戚が、台風が接近しているから、山から非難した方が良いよ!の心配メールが届きました。

女がひとり山小屋で暮らすということは、世間さまから見たら、非常に心配なことだろうな。と他人事のように思いながら、翌朝、早々に山を下り、新市街に避難。

でも、街は台風の影響なし。
ちょっと気がぬけた状態でした。

仕事もキャンセルしたし、時間を持て余して、書店をぶらぶら。
日本初の女性イラストレーター、田村セツ子さんの「おちゃめな老後」を買う。76歳になった彼女が、ラジオ番組のゲストで色々な事を話されてるのを聞いて、なんて可愛いくチャーミングなんでしょ!と思い、エッセイ本を探していました。ゲット出来て嬉しい。
参考にしよう!可愛くおちゃめなば~ばになるために。

それから
好きな定食屋さんで、ビール飲みながらチキンカツをほおばり、満腹になった所で、電気館で映画鑑賞。
この映画もまた良かった。
バグダットカフェという20数年前の主演女優が、バチカンへローマ法王へ感謝と懺悔の旅に出る話。でも内容は、女性の人生観を描いている。主人公の娘は、母親を老人施設に入れるのが、安心だと思い込む、でも、母親は自分のこれからの人生は自分で決めると反発。
近い将来、私が考えるテーマ。
題名は「バチカンで会いましょう!」(色字クリックで予告編へ)

映画を観終わると、心地よい睡魔が。
娘のジル(犬)としばらく昼寝をして、夜は、書道家のしゅんけいさんと、居酒屋で手仕事談義に花を咲かせ、また焼酎をいただく。

そして、別れてから、ひとりカラオケへ。一時間歌い放題。、腹筋運動のつもりで。
そして、まだ帰らず、蕎麦を食べる。
そして、明日の朝食にとドーナツを買う。

やっと、避難所である事務所にたどり着き、就眠。

朝目覚めたら、からっぽいのドーナツの袋。
夜食に食べてしまっていたのです。

台風がそれて、何もなかったような晴天の秋空。

たまに山女が街にゆっくりと滞在すると、欲張って遊ぶと自分で驚きました。

山に戻ると、ほっとします。
f0031420_15442546.jpg

娘も、山は非常に落ち着くようで、すぐに、心地よくお昼寝。

もう、いつ天国へ行っておかしくない、病気持ちの状態を知っている動物病院の先生が、
「ジルちゃんは、今ストレスを感じない生活をしているのでしょうね。」と言われました。

日々ホスピス状態の暮らしなのに、街での避難時間はつかれたと思います。
今日はゆっくり寝ましょうね。
お母さんも、台風避難のおかげで、少々遊び過ぎて疲れました・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2014-10-14 15:48 | ひと

<< 寒くなりました! 祈る >>