まほろば   

二日目は登別温泉へ

泊まったホテルの名前。
「まほろば」
アイヌ語かなと思っていたら、ホテルの資料に言葉の意味が書いてあった。

「まほろば」とは
「すぐれて美しい所」
「ま」は真
「ほ」は穂先のほで、一番大切な所
「ろ」は状態をあらわす
「ば」は場所

人がそれぞが「生まれた故郷」「思い出の場所」「現在住んでいる所」等
自分自身の心の中で「美しく感じる所」がまさに「まほろば」なのです。

「まほろば」という言葉は、古事記、日本書紀のいずれにも納められていて、
代表的な歌では、ヤマトタケルノミコトが故郷の大和国を偲んで歌われた次の句があります。

大和の国のまほろば
たたなずく青垣
山隠(やまご)もれる大和し美(うるは)し

以上が解説文。


この文章を読んで、私のまほろばは?と考えた
もちろん、答えは
f0031420_7132316.jpg

阿蘇
f0031420_7142315.jpg

昨日、陶芸家のお宅へ伺った帰り、国道ではなく山道を走った。
山々の緑が、美しく、北海道とは違って、私にはジャストサイズの大きな自然。
心の深呼吸をする日々です。

来年も、北海道に行く予定。
今度は離島に行ってみたい!
旅行は、非日常の時間を楽しめる。自分の器を大きくしてくれる。
そして「まほろば」との出会いを楽しませてくれる。

企画してくれた、平山夫妻に感謝いたします。
f0031420_735320.jpg

楽しい時間をありがとうございました。
[PR]

by k2kikiya | 2014-07-17 07:22 | 楽しみ | Comments(0)

<< 東へ西へ 楽園づくり >>