女を感じる?!   

久々に、器季家スタッフで食事会。
スタッフの皆さんが機敏に動いて下さるおかげで、店は成り立っているので、「感謝会」でもある。
いくつになっても、女性は食べること、話すことは好き。
これが、心の健康。
ひきこもり、誰にも会いたくない、話したくない、食欲もない。では心配。

女子会には、必ず2次会が。
場所を変え、甘いもの系を食べる。そして、またおしゃべりが続く。

私の自慢は、器季家のスタッフが、人の悪口を肴にしないこと。
たまには、ストレス解消になるかもしれないけど、悪口や批判ばかりの会話には、明るい未来が見えてこない。

そして、意外にも、Yさんが、
「久美さんには、いつも女を感じる!」と言ってくれた。
言ってくれたの表現は、嬉しかったから。

もうとっくに、おやじ化して、女の部分は「軽石状態」になったかなと少々自分を心配していた。

「灰になるまで女」をスローガンに掲げ、妄想と錯覚の恋愛を何度も繰り返してきた。
でも、結果は「相手に求めない」

男女間の問題には0対100はないと思っている。
永遠の愛もないし、「運命の人」もいない。

どこかで、お互いが認め合い、あきらめて、距離感を大切にしたり、スキンシップを求めたりしながら、細く赤い糸をゆるく小指に蒔いているのが、良いのかな。
と最近は思う。

なので
「女を感じる」と言われたのは嬉しい。

可愛いおばあちゃんになるのは、無理な気がするけど、チャーミングでちょっと色気を感じるおばあちゃんにはなりたい・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2014-06-18 07:00 | ひと | Comments(0)

<< 10年後、喜行家の活きる場所は?! ひと手間の努力 >>