母親の日   

5月11日は「母の日」
子供達からのプレゼントも年々簡素化してきているのでは?
のひねくれた気持ちもありの日。
日本人は、表現下手。

愛してる
ありがとう
ごめんね
許して

言葉も上手に言えなければ、態度も見せない。

親孝行は、親が元気な間にしないと、墓に入れば手を握ることもできないし、抱き合うことも無理。
ましてや、感謝の気持ちをじかに伝えることも。

これは、私の体験談。
苦労してきた母へ、感謝の気持ちを上手に伝えることなく、癌の闘病生活に入り、半年で他界。

自分の生活に追われて、労わる言葉をちゃんとかけることが出来ただろうか。
もう30年位前の元気な母の姿を思い出す。
体調はすぐれないけど、癌の自覚がなかった頃の母の写真がある。

人生を頑張ったご褒美は、自分で自分を大切にすること。
これはとても大事な事。

私が、今病に伏せたら、子供たちは心配はしても、毎日傍で看病は出来ないはず。
日々の生活、仕事があるはず。

私は、べったり子供に介護してもらうのは嫌。

病院に入院したら、見舞いには来てもらいたいけど、会いに来てくれるだけで十分。

いつか、風天の久美子がこの星からいなくなった時、私の思い出が、何かの力になったら良い。
結婚した時、子供が産まれた時、仕事できつい時、その時々に、私の存在が「生きる力」の糧に、少しでもなったらそれで良い。

命をかけて産んだ子供たちが、自分の命を大切にしてくれたら、それで良い。

福山雅治のCDを車で聴く時、この曲が流れると、じわ~と子育て中の大変だった事、いつか子供達と別れの時が来る事を考える。
素敵な歌詞です。

誕生日には真白な百合を」(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2014-05-06 08:08 | ひと | Comments(0)

<< 宿題はきらい! こんなはずではなかった・・・。 >>