こんなはずではなかった・・・。   

完璧主義ではない私の人生。
常に「こんなはずではなかった」の連続。
でも、周りから見たら、「良いわね好きな事ばかりして」のイメージ。

目の前の苦難を楽笑に変えるエネルギーが、少々人より多いのかもしれない。

10代後半からの人生は、自分の力で生き抜く気構えは備わっていたように思う。
商売人の娘で小学校の頃から、手伝いは当たり前。
人が動くで「働く」の精神は培われた。

その結果が良いのか悪いのか、今の私がいる。

決して、離婚を望んだわけでもなく、住宅関係の仕事につきたかったわけでもなく、実家の墓守りをする予定もなく、山の暮らしを夢みたわけでもない。ましてや、カフェをしたかったわけでもない。

まかさ!私が?なぜ?と言う逆境時や、突発的な判断時に考えることは

「今の私にできること」
「目の前のマイナスを自分のプラスに変えるには?」
「泣いても愚痴を言っても、誰かを責めても、時間は過ぎるだけ」

と割り切りが早い。
これが、好転の秘策かも。と自己分析する。

割り切りが早いは、あきらめが早い。飽きっぽいと表現できるかも。

まだまだ成長したいので。最近の私は
「ゆっくり、飽きずに、粘り強く夢をカタチにしよう!」をスローガンに掲げた。

短距離走ではなく、マラソンランナーのように。

楽笑人生、あと30年現役で!を目標に。
[PR]

by k2kikiya | 2014-05-05 09:47 | ひと | Comments(0)

<< 母親の日 半農半商の暮らし方 >>