食楽プロジェクト   

街に暮らしている時は、ほとんど赤ちょうちんが私の晩酌の場所だった。
「おひとりさま」の気楽さと、家事の簡素化。

でも、山に暮らし始めてから、車で山小屋まで帰る途中に飲むことはない。
f0031420_8463343.jpg

夜は、穀物類を食べないで、こんな感じで「おひとりさま晩酌」兼夕ご飯は終わります。

最近、考えていること。
ひとり分の晩酌つまみづくりは、不経済。

家庭料理を多めにつくり、そのちょっとを、私のおつまみ兼おかずにすれば、とても栄養バランスと、手間が省けて良い!と思う。

多めに作るおかずを食べてもらう相手は?!

山の台所と街の台所を繋ぐことを、今妄想中!
「おふくろの味」が今は「お袋の味」に変わっているという現実も考えて。

「家庭料理を作る」を今年後半からのテーマに動いてみようと思っています。

子供も独立して、家庭の無い私が「家庭料理を考える」

これも、食の「つくるdeつなぐ」なのです。
通称、食楽プロジェクト。
[PR]

by k2kikiya | 2014-04-28 08:51 | 美味しいもの | Comments(0)

<< 個人力の底力 すまい完成見学会 >>